咬合性外傷とは

歯ぎしりや食いしばりによって歯周組織に炎症を起こすことがあります。このような状態を咬合性外傷と言います。

咬合性外傷によって慢性的に炎症を起こすと歯槽骨が吸収して、歯周病が悪化することがあります。予防のためにナイトガードを装着して、歯と歯周組織を守る必要があります。

エムデンタル用賀キャッチ画像

前の記事

顎関節症とは
エムデンタル用賀キャッチ画像

次の記事

印象採得とは