エムデンタル矯正・用賀は、一般歯科治療以外にも、特に矯正歯科治療に力を入れております。
透明で痛みの少ないマウスピース矯正治療(インビザライン)を専門とし、お子さまの矯正と、大人の矯正から部分矯正まで、さまざまな状態・段階での歯の治療が可能です。

当院では患者さまと同じ目線に立ち、患者さまのペースに合わせて無理することなく、治療を進めて参ります。

矯正歯科の種類

マウスピース矯正(インビザライン)

当院ではマウスピース矯正(インビザライン)の治療に力をいれています。マウスピース矯正(インビザライン)は透明で目立ちにくい矯正装置なので幅広い年齢の方が治療することができます。

適応とされる症例も現在ではほぼすべての症例に適応できます。症例によってはほかの装置も併用することがあります。

インビザラインGO

インビザラインGOは前歯用の装置です。マウスピース矯正(インビザライン)と基本的には素材などは同じです。違いは治療できる範囲とマウスピースの枚数に制限があることです。

プレオルソ

小児期に使うマウスピース型の装置です。素材はシリコン製なので、やわらかく痛みが出にくいです。装着時間は寝ているときが主なので日常生活に影響は出にくいです。

矯正歯科の質問

矯正治療を考えていますが、装置はどのようなものですか。
当院では主にマウスピース矯正(インビザライン)で矯正治療を行っています。現在、マウスピース矯正(インビザライン)でほぼすべての症例に対応できるようになっています。
矯正歯科は痛いと聞いたのですが、大丈夫でしょうか。
マウスピース矯正(インビザライン)はシミュレーションによって細かく、移動が設計されています。なので、必要以上に大きな力がかかることがないので痛みは出にくいです。ワイヤー矯正と比較すると痛みは出にくい傾向にあります。
マウスピース矯正(インビザライン)は何時間くらい装着すればよいでしょうか。
マウスピース矯正(インビザライン)は着脱可能な矯正装置です。装着時間は20時間以上が必要です。食事中と歯を磨くとき以外は基本的には装着していただいた方が効果的です。
小学生くらいの年齢でも矯正治療を始められますか。
永久歯が生え揃わない状態ではプレート矯正をお勧めしています。永久歯がきれいに生えるように、スペースをコントロールします。プレオルソというマウスピース型の矯正装置を使用することもあります。
治療期間はどれくらいですか。
症例によって治療期間は変わってきます。概ね2年前後になることが多いです。治療計画によっても期間は前後します。

矯正 コラム

歯のデコボコ(叢生)

顎の大きさに対して歯の大きさが大きいことが原因になることがあります。・・・

続きへ
すきっ歯(空隙歯列)

歯と歯の間にスペースのある状態です。本来、歯は隣の歯と接して生えています。・・・

続きへ
出っ歯(上顎前突)

上の前歯が唇を押し上げるように生えています。・・・

続きへ