当院では、むし歯などになってからの治療ではなく、そうなる前の予防が大切と考えております。

予防歯科は、歯が生えはじめた時から始まります。
予防歯科とは、歯とお口の健康を守るため、クリニックでのPMTC(プロフェッショナルケア)と 歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日のホームケア(セルフケア)の両方でしていくもの。そのためにも、歯科医院での定期的な健診を大事にしていきましょう。

歯周病の症状と治療

初期の歯周病

歯周病の初期の状態では症状が出ることは少ないです。歯と歯肉の間に歯石が付き、歯肉炎を引き起こすことがあります。

自宅での歯磨きや歯科医院でのクリーニングでは取れない歯石は、専用の器具を用いて除去する必要があります。

中等度の歯周病

歯と歯根に付着した歯石をそのままにすると、歯の周りを支える歯槽骨が溶けてきます。

歯槽骨が少なくなると、歯が動揺したり、出血が多くなります。状態によっては外科的処置による回復を目指すこともあります。

重度の歯周病

重度の状態になると歯槽骨が溶けて、歯根が露出した状態になります。図のような状態になると抜歯を選択することになります。

PMTC(プロフェッショナルケア)

特別なトレーニングを受けた歯科衛生士による、専用の機械を使ったクリーニングです。

機械や薬剤を使って、歯石、着色、ヤニ などの歯の汚れをきれいに除去します。歯科衛生士がお口の中に適したクリーニングを施術致します。

歯周病のよくある質問

歯周病の原因は?
ハミガキが不十分なときに、歯と歯茎の溝にプラークが付着します。プラークの中の細菌が繁殖して、細菌から毒素を放出します。細菌から放出された毒素によって、歯肉に炎症が起きます。プラークは放置すると、石灰化して歯石になります。歯石をそのままにすると歯周ポケットが深くなって、歯周病を悪化します。
歯周病の痛みは?
歯周病ははっきりとした痛みというよりは、違和感があるという感じが多いです。歯肉が腫れる・出血する、浮くような感じがするなどを感じます。はっきりした痛みがあるわけではないので、そのままにすることも多いです。違和感を感じたら早めに検査を受けることをお勧めします。
重度の歯周病になると?
歯周病が進行すると炎症が歯肉だけでなく、歯槽骨(歯を支える骨)にまで進みます。歯を支える力が弱まるので、歯に動揺が出ることがあります。歯茎の腫れ・出血も強まります。根の表面に歯石が付着していることも多いです。歯周病治療をしても改善が見られない場合、抜歯を選択することもあります。
歯周病と口臭の関係は?
歯周病になると、細菌から口臭の原因になる気体を発生します。主に硫化水素やメチルメルカプタンなどが多いです。臭いは卵が腐ったような臭いや、玉ねぎが腐ったような臭いがでます。歯周病の原因菌の働きを抑えることで口臭の予防になります。口臭は口の中が原因でない場合もあります。全身的に問題がある場合や食べものが原因のときもあります。口臭が気になる場合は原因を検査する必要があります。