虫歯の症状と治療

初期虫歯

初期の虫歯はエナメル質の範囲内のものです。図の白い部分内に限局しています。この段階では症状が出にくいです。冷たいものがしみることがあったら注意が必要です。

治療法としては虫歯の部分を削り取り、つめものをします。つめものは白いプラスティックのような素材を使うことが一般的です。治療期間は1日で終わることが多いです。

中等度の虫歯

中等度の虫歯は象牙質まで感染が拡大しています。図のベージュ色の部分まで。ここまでくると、時々しみるだけではなく、ズキズキするなどの痛みが出ることもあります。

虫歯の大きさにもよりますが、1日で終わるようなつめものではなく、型を採って作るつめものが必要になることがあります。

重度の虫歯

重度の虫歯は根の中まで感染が拡大しています。冷たいものだけでなく、温かいものにしみるようなってきます。

治療はつめものをするだけでなく、根の中の治療が必要です。根の中の治療が伴うので時間を要することがあります。

虫歯治療後の修復

メタルフリーの治療を推奨しております。

虫歯治療後に修復処置をする際に、どのような素材で歯冠形態を修復するかで、予後に差が出ます。プラスティック系の材料や金属で修復するよりも、セラミックで修復する方が、2次感染の割合が少なくなる傾向にあります。近年、メタルは金属アレルギーの問題もあるので、できれば修復材料として避けたいところです。

痛みの少ない麻酔

当院では、麻酔をする前に表面麻酔を行い、少しでも患者様の痛みを和らげるようにしています。

むし歯のよくある質問

むし歯の原因は?
まず、細菌(ミュータンス菌)が歯の表面にプラークを形成します。細菌が飲食物に含まれる糖質を使って、酸を産生します。この酸によって、エナメル質からカルシウムとリンを溶け出します。やがて、歯の表面に穴が開いてむし歯になります。
大人むし歯とは?
近年、メディアでも話題になることがあるのが大人むし歯です。成人になると小児期に比べてむし歯なりにくい傾向にあります。成人でもむし歯になりやすい部位として根の表面があります。年齢ともに歯茎下がりが起きると、根の表面が露出します。根の表面はエナメル質に比べて、むし歯になりやすいです。歯茎と歯の間はプラークが付着しやすいので、丁寧なケアが必要になります。
むし歯は治る?
初期のむし歯は再石灰化によって元に戻ることができます。細菌が産生した酸によってカルシウムとリンが溶け出した状態から、唾液の作用によってカルシウムやリンを歯に再吸収させて再石灰化することができます。カルシウムを含むペーストを使うことで再石灰化を促すこともできます。
むし歯の予防法は?
正しい歯みがきの仕方で口腔内に歯垢(プラーク)を溜めないことが予防法の最大の基本です。歯間ブラシやフロスを使って、さらに歯垢除去効果を上げることも大切です。
また、口腔内の細菌を抑制する働きと歯質の強化を促すことから、フッ素の含まれるハミガキ粉にもむし歯予防効果があります。
知覚過敏との違い?
むし歯も知覚過敏も、しみるという症状が出ます。なので、歯がしみるとむし歯かもと思われる方は多いです。むし歯では脱灰によってエナメル質が溶けているために、歯の神経に刺激が伝わりやすくなります。一方、知覚過敏は咬耗などによって歯の表面が削れることで、歯の神経に刺激が伝わりやすくなります。しみる症状がある場合は、自己判断で済ませずに歯科医院で検査をすることが大切です。むし歯であっても知覚過敏であっても、早めの対応が歯の健康の維持に欠かせません。